Sugahara スガハラガラス

(Sugahara スガハラガラス)
なぜスガハラのガラスはこんなに美しいのでしょうか?

それは一点ものの芸術品ではなく普段使いの道具だからでしょう。
なぜスガハラのガラスはこんなに優しいのでしょうか?
職人さんの愛情が込められたハンドクラフトだからでしょう。
なぜスガハラのデザインはオリジナリティに溢れているのでしょうか?
きっとスガハラの職人さんたちにしか知らないガラスの表情があるのでしょう。

高いクリティーと、ハンドクラフト技術に慢心することなく、常にガラスの無限の可能性に挑戦する姿勢を保ち続けるスガハラはこれからも日本のみならず世界中のファンをも魅了し続けてくれることでしょう。

千葉県、九十九里に日本屈指のガラスメーカー、スガハラの工場があります。
少し歩けば海に出会える閑静な風情とは対照的に工場内では約1200度の炉が放つ熱の中でまさしく灼熱の溶けたガラスの液体と職人さんたちが真剣勝負を繰り広げています。芸術作品ではなく、ましてはマスプロダクトでもない、自由な発想と楽しさにあふれた、毎日楽しんで使っていけるプロダクトたちはいまこの瞬間も九十九里で生まれています。

photo-sugahara.jpg

さらに工場には、スガハラのほとんどのプロダクトが堪能できるファクトリーショップ&カフェ,そして「ガラス体験教室(予約制)」を通して、年間10000人を超える来場者に、手作りガラスの魅力を伝える活動もしています。(ガラス製作体験教室

スガハラでは現在カタログ商品で4000種類、カタログ外商品を含めれば8000種類にも及ぶプロダクトを製造しています。これらの商品は、外部のデザイナーに頼ることなく、一貫して、職人さんたちを含めた社員全員で創りだしてきたというのは非常に驚かされます。

スガハラの創造的なデザインは、一部、型を必要とするプロダクトは除くものの、そのほとんどが紙面上のデザインではなく、職人さんが昼休みや休日を利用した、練習や創作から誕生しています。スガハラの職人さん達は単に技術者ではなく、デザイナーでり表現者でもある、まさしく「モノづくりの主役」なのです。今日も無限の可能性を秘めた、灼熱の液体であるガラスの新しい表情をもとめ、挑戦を続けていることでしょう。